*All archives* |  *Admin*

2017/06
<<05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おいしい患者
みなさん 「おいしい患者」という言葉知ってます?

私は世間知らずなのでそんな言葉も知らなかったんです。

あ~何か聞いたことあるな~っていう感じでした。



個人病院は経営がとにかく大変みたいです。

経営が大変になると、薬をたくさん出したり検査ばかりさせて儲ける

                    ・・そんな感じらしいですね。


実際父が通っていた病院も検査ばかりすすめてきました。

父がよく言ってました。「血液検査ばかりする!」

断ると・・「ついでだからしましょう。」  こんな感じらしいです。

薬も「これは合わない。」って相談すると

「だったらこの薬は止めましょう」

    そう言って他の薬は出さない時もあったらしいです。

ということはその薬は必要なかったっていうことよね~!!




医者と薬に疑問を感じ始めた時、ある方が本を紹介してくれました。

すぐに買い読みました。

「一生、薬がいらない体のつくり方」

「「9割の病気は自分で治せる」

「9割の病気は自分で治せる 2」
  (病院との付き合い方編)
  
             岡本 裕 



薬は必要な時もあるけれど、とりすぎると毒にもなる。

必要以上に薬を出す医者は危険である。

免疫力や自己治癒力を高める。


      などとても興味のある内容でした。

これから子どもたちにも教えていきたいと思いました。

興味のあるかたは検索してみてください(^-^)


「おいしい患者」とは、言うまでもなく医者にとって非常にありがたい患者さんだという意味です。ではどこがありがたいのでしょうか?まずは文句も言わず定期的にずっと通院してくれること。これほど医者にとってありがたいことはありません。

省略

そのうえ、黙って薬を飲み続け、検査を受け続けてくれます。そうなれば儲けも確実に見込めてとてもありがたいはずです。


このような内容です。
まさに私の父親のことです。
ほんとにきちんと先生の言うとおりにしてきました。

1月中旬に主治医の先生に聞きました。

「父の癌はどのくらい持っていたのでしょうか?」

「1年前に発見できたかどうかはわかりませんが、半年はあったでしょうね。」


去年の秋にも通っていた内科医で検査はしていたのです。
  




その時癌は発見できていればリンパにも転移はなかったのかも・・

早くC型肝炎の治療をしてくれてれば肝硬変までいかなかったかも・・

              後悔ばかりです・・


いつもありがとうございます。
ランキング参加中!
応援ぽちっとお願いします
にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村

tag : C型肝炎

プロフィール

たんぽぽ

Author:たんぽぽ
ご訪問ありがとうございます。
子ども4人(男2人女2人)の母です。
四つ葉と例えてます!
旦那様と6人家族♪
笑顔絶やさず頑張ってます。
長男20歳 航空自衛隊
二男18歳 航空自衛隊
長女 高2
二女 中1
家族や旅行のことなど自由気ままに思ったことを綴っていきます♪
たまに愚痴もありますが・・
コメント気軽にどうぞ♪
待ってます☆

リンク
時々整理しています。 希望の方はご連絡ください♪
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。